織田信長 12号南蛮鎧飾り 南蛮鎧と呼ばれる西洋の甲冑を彷彿させるデザインが斬新です。 それに合わせる様に飾り台・屏風の目新しさに加え、前立てのデザインにある太陽にあわせた屏風の日輪に雲は明快な新しい時代の幕開けを思わせてくれるセッティングになっております。 好みが分かれると思いますが、平均や、標準と言ったスタンダードをお選びになられる方には向きませんが、我々プロから言わせて貰いますと、平凡より非凡くらいの個性がこれからの男の生き方にも必用ではないでしょうか・・生意気な言い方で失礼とお思いでしょうが、選ぶには確かに勇気がいると思いますが、気に入ればこれほど玄人好みの作品は無いでしょう。
ホーム戦国武将人形鎧織田信長 南蛮鎧飾り
商品詳細
新し物好きの信長らしい鎧飾りの登場です。 南蛮鎧と呼ばれる西洋の甲冑を彷彿させるデザインが斬新です。 それに合わせる様に飾り台・屏風の目新しさに加え、前立てのデザインにある太陽にあわせた屏風の日輪に雲は明快な新しい時代の幕開けを思わせてくれるセッティングになっております。 好みが分かれると思いますが、平均や、標準と言ったスタンダードをお選びになられる方には向きませんが、我々プロから言わせて貰いますと、平凡より非凡くらいの個性がこれからの男の生き方にも必用ではないでしょうか・・生意気な言い方で失礼とお思いでしょうが、選ぶには確かに勇気がいると思いますが、気に入ればこれほど玄人好みの作品は無いでしょう。 間口80cm奥60cm高さ100cm プレゼントBセット付き

織田信長 南蛮鎧飾り[5016]

税込販売価格: 198,000円 (税込)
[在庫わずか]
数量:
他の写真
特徴ある南蛮甲冑の頭部です。前立てのエンブレムは太陽が輝いている様を表しているようです。天辺の唐毛をなびかせて馬で走った事でしょう・・・
(画像をクリックすると大きく見られます)
五月鎧にとってその作品の解説や作者の表示は大切なのです。
この作品は日本の甲冑師の中でも最大手の工房で特製としてこしらえられた作品のひとつです。 伊予札の形状で草摺りが出来ていて、頭の形が「筆頭形」(ふでずなり)とあるのは、ウルトラマンの頭に良く似た流線型の日本式の呼び方でしょう・・
横からのシルエットもカッコいいですね!